前回の記事はこちら

初めてのスイス(3)SIMを購入してサンモリッツへ

サンモリッツに行った理由は旅の目的の一つ、氷河急行に乗る為です
サンモリッツとツェルマット290kmを8時間かけて走る列車、最終目的地がツェルマットなので全線走破する為にはどうしてもサンモリッツに泊まる必要があったわけです

サンモリッツではバドルッツ・パレス・ホテルに宿泊
こちらはお馴染みRxuary Travel Advisor さんを通じて予約、当初サンモリッツのどのホテルがいいのかわからず、ヴァチューソのホテルなら間違いないだろうと思いお願いすることにしました
レートは決して安くはありませんでしたが、サービス等を考えるとそれ以上だったかもしれません


当初ホテルからは駅に到着後連絡すれば送迎可能と聞いてましたが、地図で見ると500mも無いくらい、どうしたもんかと考えてました
(しかし皆さんサンモリッツの街は駅から高台に位置しているので、思い荷物持っては絶対に無理ですからね)

すると駅前には各ホテルの送迎用の高級車がズラリ、さながら大昔の熱海といったところでしょうか
その中でバドルッツ・パレス・ホテルを探すと、いました
これはラッキー、連絡する手間が省けましたね

そして車がこちら




どっひゃ~~、ロ~ルスロイス~~
こんな送迎車初めて、ベンツ・BMWでもなくロールスですよ

無料の送迎でコレとは驚き、もう多分一生乗る事は無いだるうなと思いながら僅か3分で到着
(ちっ、もっと乗っていたかったな)

ホテルの入口では皆さん総出でお出迎え
(えっ、VIPみたい??普通の凡人ですけど・・・照れるなあ)
ましてや到着時刻何なんて知らせてないので、多分電車の到着時刻に合わせて送迎の車は出しているのでしょう

このホテルは1896年創業、名前の通りバドルッツ家によって運営されていて、セレブが集まると言われる(あくまでもガイドブックにそう書いてある)サンモリッツにおけるランドマーク的なホテルなんだとか



お部屋はと言うと、Deluxe Duble room,villege view の予約でしたが、Grand Deluxe Duble Lake view のお部屋にアップグレードして頂けたとの事

お部屋の入口を入るとさらに扉が




この廊下の左が水回り、奥が寝室ね
100年以上も経っている建物とは思えない、全てが最新で新品です
リニューアルしたばかりのお部屋かも知れません



奥のガラス扉の先はテラス(そちらは後述)

テラス側からお部屋を見ると



天井も高くシャンデリアも素敵でしたw





そしてウエルカムフルーツとお菓子





冷蔵庫の中も色々と入ってましたが全て無料含まれてるようです

コンセントやアウトプットも沢山有りさすがですな




枕元のコンセントもUSBも複数あってこれは便利





さて先ほどのお部屋の外のテラスはというと



板張りでいい感じ、そしてここからの景色は

見える右から順にいきますね





空気が冷たくいい気持ち、感動ものですよ

そして湖はサンモリッツ湖、3枚目の左下が駅
どう、やっぱり歩くの無理でしょ



再び部屋の紹介

まずはこのスリッパ



フカフカでめちゃくちゃ気持ち良かったなあ


続いては水回り




アメニティ類



1泊ではこんなに大きなシャンプー類があっても使いきれませんね





つづく・・・