ゆうきりん、電撃文庫。いい意味でも悪い意味でも「商品としてのライトノベル」の完成形かな、と思う。スムーズに読めるし、「美味しい」シーンも職人芸的にとんとん、と置かれている。感心はするが、でもそれでいいのかなぁ。やや疑問。